土佐女子中学高等学校 ロゴ

TEL.088-875-3111

FAX.088-875-2726

土佐女子ブログ 〜スケッチブック〜

土佐女子ブログ 〜スケッチブック〜

掲載日:2016年12月25日 カテゴリー:部活

コーラス部♪ 校外演奏 デイサービス土佐

コーラス部♪ 校外演奏 デイサービス土佐

12月19日月曜日の午後、デイサービス土佐(高知市城山町)にてコーラス部が演奏をさせていただきました。
10月の全国コンクール出場前に、デイサービス土佐の皆様が私たち一人ひとりに心のこもった「お守り」を作ってくださいました。今回は感謝の気持ちを込めて童謡やクリスマス曲を歌いました。

コーラス部♪ 校外演奏 デイサービス土佐

デイサービス土佐の皆さんも合唱の練習をして、私たちに歌を披露してくださいました。「カエルのうた」や「青い山脈」等、その歌声と軽やかなリズム感には驚きました。あたたかい優しい空気に包まれながら、笑顔が絶えない皆様とご一緒できて、あらためて歌えることの喜びを心から感じました。
ありがとうございました。

掲載日:2016年12月20日 カテゴリー:部活

こんにちは。バトン部です。

こんにちは、バトン部です。
12月10日(土)、幕張メッセで開催された第44回バトントワーリング全国大会に中高合わせて25名の部員が出場しました。

今年のテーマタイトルは「ウォーターガールズ ~水際のきらめき~」です。
テレビドラマ「ウォータボーイズ」のテーマ曲「シンクロBom-Ba-Ye」に合わせてメンバー全員が最高の笑顔で踊りきりました。

結果はシルバー(銀賞)でした。年明けに全国メンバーでの最後の部会を開く予定です。
少しずつのつみ重ねがやがて大きな流れになるように、後輩たちに“新たな課題”というバトンを繋いでもらいたいと思います。保護者方々にもご協力頂き、ありがとうございました。

また、12月18日(日)、「献血・献眼・献腎・骨髄提供推進キャンペーン」の一環である帯屋町商店街パレード(13:30~14:10、予定)に、中学1,2年生が本校の吹奏楽部と一緒に参加しました。
機会あるときに、土佐女子バトン部伝統の「マーチ」をご覧くださいましたら幸いです。

今後とも、「日々進化」する土佐女子バトン部をよろしくお願いします。

掲載日:2016年11月28日 カテゴリー:部活

ダンス部/ワークショップが行われました。

ダンス部/ワークショップが行われました。

11月17日(木)放課後、体育館地下のアスリートロビーで、ダンス部のワークショップが行われました。
講師としてお越しくださったのは、ダンスグループ「Beat buddy boi」の皆さんです。
「Beat buddy boi」は、ストリートダンスの世界大会で優勝経験をもち、日本のみならず世界で活躍しているHip Hopダンスグループです。

ダンス部/ワークショップが行われました。

全国の学生ダンス部、ダンススタジオでワークショップを開催するNAKAMA PROJECTという企画で、高知県では土佐女子ダンス部が選ばれました。
ハイレベルのHip Hopにたくさんの刺激を受けました。90分間がとても短く感じられました。
Beat buddy boiのダンサーの皆さん、ご準備いただいたスタッフの皆さん、大変貴重な経験をありがとうございました。

掲載日:2016年11月24日 カテゴリー:部活

こうち子ども未来フォーラム/放送部

こんにちは、放送部です。
11月23日(祝)、ちより街テラス3階の「ちよテラホール」で「こうち子ども未来フォーラム」(主催:高知県地域福祉部少子対策課)が開催されました。

当日、放送部の石丸理愛さん(高2)が司会を務めました。

こうち子ども未来フォーラム/放送部

いつもとは違った雰囲気の中での司会でしたが、同じ高校生の議論の熱さに背中を押されながら臨機応変に対応しつつ、無事に終えることが出来ました。
このフォーラムには本校からも6名が参加しました。また、先日の秋季放送コンテストのために放送部員が制作した映像作品「高知家のなかまづくり」も会場後方のモニターで放映して頂きました。

こうち子ども未来フォーラム/放送部

今回の経験をこれからの活動に生かせますよう、日々の練習に取り組んでまいります。
関係各位の皆様、今回は大変貴重な機会を頂き、どうもありがとうございました。

掲載日:2016年11月15日 カテゴリー:部活

児童生徒文学作品朗読コンクール/放送部

こんにちは、放送部です。
先日、高知県立文学館で第19回児童生徒文学作品朗読コンクールの県審査が開催され、
8月の地区審査(予選)を通過した藤田理香子さん(中2)と金子礼奈さん(中1)の2名が出場しました。
朗読作品は、藤田さんは有川浩『植物図鑑』、金子さんは松谷みよ子『お月さんももいろ』。
2名とも夏休みから練習を続けてきました。

児童生徒文学作品朗読コンクール/放送部

結果は、藤田さんは郷土文学賞、金子さんは銅賞でした。
なお、発表の後は翻訳家の菱木晃子先生による「翻訳は日本語が勝負!?」と題した記念講演会がありました。スウェーデン語で書かれた文学作品の翻訳家として活躍中の先生の貴重なお話も聞け、貴重な一日となりました。
これからも、聞いてくださる方々に「伝える」読みができますよう、日々の練習に取り組んでいきます。

< 2 3 4 >