土佐女子中学高等学校 ロゴ

TEL.088-875-3111

FAX.088-875-2726

土佐女子ブログ ~スケッチブック~

土佐女子ブログ ~スケッチブック~

掲載日:2017年3月29日 カテゴリー:部活

サンポート高松ふれ愛コンサート/コーラス部

サンポート高松ふれ愛コンサート/コーラス

 3月25日(土)に四国の玄関口高松駅にて開催されました、サンポート高松ふれ愛コンサートに参加させていただき、四国4県から集まった中学生と一緒に合唱を披露しました。
 風も強く、少し肌寒かったのですが、中学生の元気いっぱいの歌声が響き渡り、寒さも感じさせないほど、聴く人の心を暖かくさせるようなひとときでした。

さんぽート高松ふれ愛コンサート/コーラス

 最後の全体合唱での「ふるさと」では、会場が感動で満ち溢れ、お客様も目を細めながら口ずさんでくださいました。

さんぽート高松ふれ愛コンサート/コーラス

 これからも、この素晴らしい春のコンサートが盛大に開催されますよう、部員一同楽しみにしています。
 当日お世話くださったJR四国を始めとする関係者の皆様、ありがとうございました。

掲載日:2017年3月29日 カテゴリー:部活

コーラス部 校外演奏/デイサービス土佐

コーラス部 校外演奏/デイサービス土佐

 3月22日水曜日の午後、デイサービス土佐(高知市城山町)にてコーラス部が演奏をさせていただきました。
今回もデイサービス土佐の皆様と一緒に歌ったり、クイズをしたり、楽しいひとときを過ごしました。先週末には声楽アンサンブルコンテスト全国大会に出場したばかり。大会地の福島県にちなんだクイズがあり、答えを間違ってはいけないとドキドキでした。

コーラス部 校外演奏/デイサービス土佐

 デイサービス土佐の皆様は私たちに「さくらさくら」「春が来た」「春の小川」の三曲を披露してくださいました。一人ひとりが手作りセーラー服を肩にかけ、変装した男性スタッフの指揮に合わせて、タンバリンやカスタネットを使い、歌ってくださいました。女性スタッフの方々はキーボードやリコーダーで伴奏。
 あたたかい空気に包まれながら演奏されている姿に、私たちが感動、そして元気をもらいました。
 お招きいただき、ありがとうございました。

掲載日:2017年2月15日 カテゴリー:日常

どこのお店で買う?社会科出前授業

どこのお店で買う?出前授業

2月14日(火)、中学3年生の社会(公民)の授業の一環として公正取引委員会の先生方による出前授業が行われました。内容は「独占禁止法について」。
公民の授業でも取り扱った内容ですが、カードゲームも交えて楽しく、かつ分かりやすく説明して頂きました。

どこのお店で買う?出前授業

3つのお店チーム、消費者側と分けて、どのくらいの値段だったら購入するかを挙手制で競います。
先生が各お店チームにアドバイスを下さり、メンバーは「購入してもらったときの魅力的なおまけ」を真剣に話し合いました。

どこのお店で買う?出前授業

「おまけ」発表は皆大注目!

どこのお店で買う?出前授業

市場における正しい競争の在り方を実際に体験でき、貴重な機会となりました。

公正取引委員会の先生方、お忙しい中お越しいただき、本当にありがとうございました。

掲載日:2017年2月13日 カテゴリー:部活

第3回ポンポンコンテスト参加

第3回ポンポンコンテスト参加

こんにちは、土佐女子バトン部です。
大寒波が襲来した2月11日(土)、徳島県の徳島市立体育館で、第3回全国共通規定演技ポンポンコンテストが開催され、バトン部員36名が参加しました。
このコンテストは普段の大会とは違い、個人の演技が様々な観点から審査されます。そして到達度に応じて金賞、銀賞、銅賞が授与されます。

高校2年生は、このコンテストが最後の県外での大会になりました。常に自分に厳しく、「雨ニモマケズ、風ニモマケズ」、そして「雪ニモマケズ」、後輩部員を引っ張ってきた2年生。
後輩部員は、これからも代々の先輩方が築いてきた土佐女子バトン部の伝統というバトンをしっかりと受け継いでいきます。

第3回ポンポンコンテスト参加

高校2年生の集合写真です。皆笑顔ですが、実はとても寒かったです。

3月25日(土)には毎年恒例のバトンステージが「高知市文化プラザ かるぽーと」にて開催されます。年度末でお忙しいとは思いますが、足をお運び頂けましたら幸いです。

今後とも「日々進化」する土佐女子バトン部を、どうぞよろしくお願いします。

第3回ポンポンコンテスト参加
掲載日:2017年2月8日 カテゴリー:行事

中3講演会「いのちの教育」が行なわれました。

中3講演会「いのちの教育」

2月8日(水)、午後のホームルームの時間を利用して、中学3年生の講演会「いのちの教育」が行なわれました。
お話をくださったのは、高知大学付属病院で助産師をなさっている、森本 雅子先生です。

中3講演会「いのちの教育」

土佐女子の卒業生でもある森本先生は、大人に向かって成長する時期に知っておくべきことを、実例やユーモアを交えながらお話くださいました。
健康に過ごすために大切なこと。
「自分も相手も大切にする。」
「正しい知識を持つ。」
「健康・性を考え、行動は自分で決定する。」

中3講演会「いのちの教育」

お話の途中、新生児の人形を生徒みんなに回してくださいました。
思っていたよりも重く感じられます。
お話を通して、自分が生まれた時のようすはどんなだっただろうと思いを馳せることができました。

中3講演会「いのちの教育」

生徒の感想文を紹介します。
「自分とまわりの人を比べすぎずに、自分を大切にして一つ一つに責任を持って行動したいと思いました。困ったことがあれば、両親や先生など身近にいてくれる人に相談したいと思いました。」
「私たちはいま、成長期で身体や心が発達している大切な時なのだということがあらためてわかりました。生活のリズムや食生活などに今まで以上に気をつけようと思います。」
「正しい知識を持つことが、自分や周りの人のいのちを守ることにつながることがよくわかりました。」

 

中3講演会「いのちの教育」

お話の後の質疑では、助産師さんのお仕事についていくつも質問が挙がっていました。

中3講演会「いのちの教育」

最後に、中学3年生の代表から、お礼の言葉を添えてお花をお送りしました。

森本先生、お忙しい中、貴重なお話をしていただき本当にありがとうございました。

< 3 4 5 >