土佐女子中学高等学校 ロゴ

TEL.088-875-3111

FAX.088-875-2726

土佐女子ブログ 〜スケッチブック〜

土佐女子ブログ 〜スケッチブック〜

掲載日:2016年12月5日 カテゴリー:行事

卒業生講演会が行われました。

卒業生講演会が行われました。

12月3日(土)、3・4時間目に中学3年生の学年行事として、卒業生講演会が行われました。
お話をしてくださったのは、
中内啓菜さん、松岡喬子さん、前田志津さんの三人の先輩方です。
保育士や看護師、薬剤師として活躍されています。
中学生徒会長の宮地咲萌さんからのご挨拶の後、先輩方から土佐女子で過ごした中高生の時のお話や、
お仕事のやりがいや苦労などについてのお話を伺いました。

卒業生講演会が行われました。 卒業生講演会が行われました。

生徒の感想文を紹介します。

保育士の仕事は、子どもたちの命を預かる仕事なので大変だと思いましたが、子どもたちと一緒に成長することのできる素敵な職業だと思いました。
「本当にやりたいことは、無理してでもできる。」という言葉がとても印象に残りました。
過去よりも現在、現在よりも将来を思い描けるように、努力したいと思います。

看護師さんは、患者さんに寄り添うすばらしい仕事なんだなと思いました。
スポーツなど自分が打ち込めることと両立しながらでも、自分の夢をあたためることができることを知って、勇気づけられました。

薬剤師の仕事は調剤が中心だと思っていたけど、チームの一員として、医療の一翼を担う大切な仕事なのだと思いました。
今日のお話を聞いて、どんなお仕事でも周囲の様々な人とのコミュニケーションが大切なのだということが分かりました。

卒業生講演会が行われました。

お話に来てくださった三人の先輩方、貴重な機会をありがとうございました。

掲載日:2016年12月3日 カテゴリー:日常

緑化活動を行いました。

緑化活動を行いました。

雨で中止となった先々週末の緑化活動の代わりに、本日放課後、高校3年生の有志で、植え込みの手入れをしました。
追手筋の歩道沿いに伸びたキヅタを刈り取ります。
昨年度もちょうどこれくらいの時期に緑化活動をしたので、またすっきりとした印象になりました。
この後、花壇にお花を植えて、水をやりました。
高校3年生は卒業式まで、あと2ヶ月になりました。
毎日、登下校に使った歩道です。入学した中学1年生の頃を思い出して、ちょっぴり懐かしい気分になりましたね。

掲載日:2016年11月28日 カテゴリー:部活

ダンス部/ワークショップが行われました。

ダンス部/ワークショップが行われました。

11月17日(木)放課後、体育館地下のアスリートロビーで、ダンス部のワークショップが行われました。
講師としてお越しくださったのは、ダンスグループ「Beat buddy boi」の皆さんです。
「Beat buddy boi」は、ストリートダンスの世界大会で優勝経験をもち、日本のみならず世界で活躍しているHip Hopダンスグループです。

ダンス部/ワークショップが行われました。

全国の学生ダンス部、ダンススタジオでワークショップを開催するNAKAMA PROJECTという企画で、高知県では土佐女子ダンス部が選ばれました。
ハイレベルのHip Hopにたくさんの刺激を受けました。90分間がとても短く感じられました。
Beat buddy boiのダンサーの皆さん、ご準備いただいたスタッフの皆さん、大変貴重な経験をありがとうございました。

掲載日:2016年11月24日 カテゴリー:部活

こうち子ども未来フォーラム/放送部

こんにちは、放送部です。
11月23日(祝)、ちより街テラス3階の「ちよテラホール」で「こうち子ども未来フォーラム」(主催:高知県地域福祉部少子対策課)が開催されました。

当日、放送部の石丸理愛さん(高2)が司会を務めました。

こうち子ども未来フォーラム/放送部

いつもとは違った雰囲気の中での司会でしたが、同じ高校生の議論の熱さに背中を押されながら臨機応変に対応しつつ、無事に終えることが出来ました。
このフォーラムには本校からも6名が参加しました。また、先日の秋季放送コンテストのために放送部員が制作した映像作品「高知家のなかまづくり」も会場後方のモニターで放映して頂きました。

こうち子ども未来フォーラム/放送部

今回の経験をこれからの活動に生かせますよう、日々の練習に取り組んでまいります。
関係各位の皆様、今回は大変貴重な機会を頂き、どうもありがとうございました。

掲載日:2016年11月15日 カテゴリー:部活

児童生徒文学作品朗読コンクール/放送部

こんにちは、放送部です。
先日、高知県立文学館で第19回児童生徒文学作品朗読コンクールの県審査が開催され、
8月の地区審査(予選)を通過した藤田理香子さん(中2)と金子礼奈さん(中1)の2名が出場しました。
朗読作品は、藤田さんは有川浩『植物図鑑』、金子さんは松谷みよ子『お月さんももいろ』。
2名とも夏休みから練習を続けてきました。

児童生徒文学作品朗読コンクール/放送部

結果は、藤田さんは郷土文学賞、金子さんは銅賞でした。
なお、発表の後は翻訳家の菱木晃子先生による「翻訳は日本語が勝負!?」と題した記念講演会がありました。スウェーデン語で書かれた文学作品の翻訳家として活躍中の先生の貴重なお話も聞け、貴重な一日となりました。
これからも、聞いてくださる方々に「伝える」読みができますよう、日々の練習に取り組んでいきます。

< 7 8 9 >