土佐女子中学高等学校 ロゴ

TEL.088-875-3111

FAX.088-875-2726

土佐女子ブログ 〜スケッチブック〜

土佐女子ブログ 〜スケッチブック〜

掲載日:2016年6月15日 カテゴリー:行事

防災教育・煙体験が行われました。

6月15日(水)、中学1年生のホームルームで、煙テントと毛布担架の体験が行われました。
今日、お話と実技指導にお越しくださったのは、高知市消防局の6名の消防士・職員の方々です。

防災教育・煙体験が行われました。

まずは、煙体験です。
人体に無害な煙をたいたテントの中を歩きます。
災害時の煙は有害物質を含んでいることが多く、姿勢を低くして移動することが大切とお話をいただきました。

防災教育・煙体験が行われました。

煙テントの中は決して広くはありませんが、煙で視界がせまくなるのでとても不安になりました。

防災教育・煙体験が行われました。

そして、毛布担架体験です。
大きめの布と棒があれば、担架をつくることができます。

防災教育・煙体験が行われました。

まず、毛布の上下を折って、そして棒を添えます。
今日使った棒は、バドミントンのネットを立てる支柱です。

防災教育・煙体験が行われました。

棒を包むように3分の1ずつ折り返すと・・・。

防災教育・煙体験が行われました。

しっかりした担架ができあがりました。
教えてくださった講師の方が寝そべっても、丈夫で安定感があります。

土佐女子中高には、体育館や南校舎などの数カ所に、
全校生徒の数日分の食料と毛布などの生活用品が備えられています。

一番大切なのは、落ち着いて冷静に行動できること。
家庭でも学校でも、いつも心構えしておきたいですね。

お越しくださった消防局の皆さん、貴重な学びの機会をありがとうございました。

掲載日:2016年2月3日 カテゴリー:行事

いのちの教育(中3講演会)

いのちの教育(中3講演会)

本日5,6限、中学3年生を対象に「いのちの教育」が行なわれました。
講師として、高知大学医学部付属病院周産母子センターで助産師として長年働かれている森本先生にお越しいただき、毎年開いています。

ユーモアと問いかけを交えたお話に、興味深く聞き入りました。

いのちの教育(中3講演会)

自分たちの誕生がどのような奇跡の結果なのか、そして、そのいのちを大切にするために、性について正しい知識をつけることの重要さなどを学びました。
女性としていのちをつなぎ、母となることの喜びが伝わってくるお話でした。

森本先生、貴重な機会を与えてくださり、ありがとうございました。

掲載日:2016年1月20日 カテゴリー:行事

予餞会が行われました。

 1月20日(水)予餞会が行われました。
 予餞会は、学校創立当時から続いている、高校3年生を送る会です。
 午前は各ホーム・学年の寸劇、午後は有志によって、コーラスやカラオケが行われました。
 まず、午後の様子からご紹介します。

予餞会が行われました。

 高校3年生のバンド演奏です。さすが高校3年生、ギターの音色が冴えています。

予餞会が行われました。

 新体操を取り入れた「LOLLi PoP」のパフォーマンスです。
 見応え十分でした!

予餞会が行われました。 予餞会が行われました。

 渦中の、SMAP?登場。でも7人います。

予餞会が行われました。

 客席もとても、あたたかく盛り上がりました。

予餞会がおこなれました。

 音響・照明も生徒が分担して行います。
「カットイン!」

予餞会が行われました。

 高3学年団の先生から、卒業生の皆さんにメッセージ。

予餞会が行われました。

 高校3年生の放送部の皆さんによる、スライド上映「思い出のアルバム」です。
 受験勉強の合間を縫ってみんなで準備しました。

予餞会が行われました。

 学校生活の様々な場面や友達の笑顔が、今、懐かしく思い出されます。

予餞会が行われました。

 コーラス部の皆さんによる合唱 「プレゼント」

予餞会が行われました。 予餞会が行われました。

 最後は、全校生徒で校歌を歌って。

 高校3年生の皆さん、卒業式まであとわずかになりましたね。
 受験もラストスパートです。頑張ってください!

掲載日:2015年11月24日 カテゴリー:行事

中3卒業生講演会が行われました。

中3卒業生講演会が行われました。

 11月21日(土)3・4時間目に中学3年生の皆さんを対象に、卒業生講演会が行われました。
 講師として来てくださったのは、武市 法子さん(入国警備官/法務省入国管理局勤務)、村岡 優歩さん(キャビンアテンダント/ANA)、西森 明日香さん(看護師/高知日赤病院)の皆さんです。

中3卒業生講演会が行われました。

 パンフレットや映像を使用しながら、それぞれの仕事の内容を分かりやすく伝えてもらいました。また、なぜ今の職業を選んだのか、仕事を続けて行くなかでのやりがいや大変さなど、興味深くお話をお伺いすることができました。

中3卒業生講演会が行われました。

 先輩のお話の中で共通していたのは、「在校中に身につけたマナーや心遣いが社会に出て役立った」というお話です。
 将来の夢を見つめるうえで、とても意義深い講演会となりました。

中3卒業生講演会が行われました。

 中学生徒会長の堀田さんから、お礼の言葉をお伝えしました。
 お話をいただいた卒業生の皆さん、貴重な機会をありがとうございました。

掲載日:2015年11月8日 カテゴリー:行事

防災避難訓練が行われました。

防災避難訓練が行われました。

 11月5日(木)は「津波防災の日」です。
 今日は、お昼休みから5・6時間目にかけて、防災避難訓練が行われました。

 地震(訓練)はお昼休みに起こりました。教室に常備されている防災ずきんをかぶって、頭部を守ります。
 揺れが収まったら、津波に備えて3階以上の教室に避難します。

 防災ずきんの他に、土佐女子中学高等学校には、緊急災害時に対応できるよう、在校生徒分の簡易毛布、2日分の水・食料、各種日常生活品、生理用品などが常備されています。

防災避難訓練が行われました。

 訓練の後は、講堂で防災講演会が行われました。

 講師は、近森病院 救命救急センター医師の 井原則之先生です。
 井原先生は、国際緊急援助隊としての経験などに触れながら、地震が起きた時に心に留めておくことなどを、丁寧に教えてくださいました。

防災避難訓練が行われました。

 講演の後、高校生徒会長の森本 祐加さんからお礼のご挨拶をさせていただきました。

防災避難訓練が行われました。

 その後、医療・看護・福祉の分野へ進学を希望している生徒たちが、井原先生から災害現場での活動や医療従事者としての心構えなどをお伺いする機会をいただきました。
 ディーマットやトリアージ、災害時における精神看護や福祉との関わりなど「知りたいこと・学ぶべきとこと」を国内外の災害現場で活躍された体験談などを交えながら具体的に教えていただきました。

防災避難訓練が行われました。

 代表の生徒が、「医療や災害現場で能動的に行動できる医療従事者になれるよう、これからも目標に向かって頑張ります」と先生に約束をしていました。

 井原先生、貴重なお話をありがとうございました。
 いつ起こるかわからない災害への心構えを持って、いざという時、必要な行動ができる社会人になるよう、自分の将来を見つめていきたいと思います。

< 2 3 4 >